マコの闘病日記


闘病生活をつづった日記
by amamasa2006
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

<   2007年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

お誕生パーティー

先日もお伝えしたとおり、2/14の誕生日にはたくさんの方からお祝いの言葉やプレゼントを頂きました。本当にありがとう。今ゆっくりとお礼のメールなどを返しているところです。

当日は、平日だったにもかかわらず、近所に住んでいる友人ブブがわざわざ仕事のお休みをとってまで誕生パーティーを開いてくれました。
前日に友人Zと作ったという「HAPPY BIRTHDAY MAKO」というキラキラの文字が連なったモールを部屋に飾ってくれ、Zが作ってくれるケーキ屋さんを何件も探して発注してくれたチョコレートのブタさんケーキに32という形のロウソクを灯し、ブブ・Z・J太郎が歌ってくれた♪Happy birthday to you♪の後吹き消しました。
f0068026_19334817.jpg

                 チョコレートのブタさんケーキ♪
夕方からは後輩のミーコがお祝いに来てくれ、自分で作ったステキなスイトピーのアレンジメントを頂きました。夜は幼馴染のKヨも参加してくれ、てっちんも帰宅し、みんなで一緒にケーキを食べました。
吐血のことがあったので、前日までは「ささやかに・・・疲れたら寝ながら・・・」とか言ってたんだけど、当日になったら最初から最後まで話っぱなしでした(*^。^*)多少落ち込んでいた時期だったので、元気になるための良い起爆剤になりました。みんなありがと~!
f0068026_19445588.jpg

                      ケーキ入刀です!
f0068026_19475269.jpg

こちらが皆様から頂いたプレゼントたちです。一つ一つ大切にします、どうもありがとうございました。

あ、てっちんからはハワイアンジュエリーの金のイニシャルペンダントを頂きました(*^_^*)大事にするね。ありがとう。
f0068026_19541655.jpg

                        これです(^・^)
[PR]
by amamasa2006 | 2007-02-18 19:52 | 友人と私

Happy Birthday あたし!

本日2月14日は私の32回目のお誕生日です!おめでとー!
外はあいにくの雨だけど、空も私がまた1つ年をとれた事喜んで泣いてくれているのかしら?
私も嬉しい!泣くほど嬉しい!去年、入院したてのがんセンターのロビーで誕生日を祝ってもらった時は、正直32歳はと~っても遠く感じた。もしかしたら32歳は来ないのかも、とも思ってた。でも来たよ~!みんなー!32歳になれたよー!ありがとねー!

先日吐血したばかりなので「無事に」とは言い切れませんが、まぁとにかくまた一つ大人になれました(^_^.)
あの後は出血も止まりました。気持ちは少しテンションがさがりましたが、初めて吐血した後のように閉じこもったりはしていないのでご安心下さい。みなさまからの励ましのコメントを読んで「そうだよ、大丈夫だよ!」と言い聞かせていました。だから大丈夫!

今朝は目を覚ますとてっちんが正座で「おめでとうございます」と一番にお祝いの言葉をくれました(*^_^*)それからケータイをチェックすると、日付が変わってすぐにお祝いのメッセージを送ってくれた友達がいました。ありがとう。それからも続々とお祝いメールやお花やプレゼントが届いています。みんな本当にありがとう(*^。^*)

今日はバレンタインデーです。本来のバレンタインデーは男女問わず感謝や愛を伝える日です。今日はこの場を借りて私からみんなへ愛と感謝を贈りたいと思います。ありがとう。これからもよろしくね。Happy Valentine!
[PR]
by amamasa2006 | 2007-02-14 12:32 | うれしいこと

また・・・。

昨日の夜、また吐血しました・・・。急にむせたので吐き出すと血液で・・・。量は最初に吐血した時と同じくらい(大さじ2~3杯位?)で時間的にはすぐ止まったし、薬も飲んだので・・・だいじょうぶ。・・・うん。だいじょうぶ・・・と心に言い聞かせています。

ちょうどてっちんが帰ってきてJ太郎もいてくれた時だったので良かった・・・。誰もいない時だったらもっとパニックになってたかも・・・。
こうなると、一気に現実に引き戻されてしまいます。やっぱり私の体の中は、病気でいっぱいなんだ・・・って。

今日はてっちんはお休みです。今ちょっとでかけてるけど、帰ってきたら一緒にゴロゴロして安静にしています。明後日は私の誕生日・・・早く、早く32歳になりたいです。
[PR]
by amamasa2006 | 2007-02-12 11:47 | 病気と私

結婚1周年だぁぁぁぁぁ!!!

本日2月3日は私たちの結婚1周年記念日でございます。パチパチパチ☆
朝からお祝いのメールやお花をたくさん頂きました。皆様一緒に祝ってくださって本当にありがとうございます(*^。^*)

今日はてっちんもお休みだったので(偶然)お昼にちょっとフンパツしてステーキのドルフというお店を予約してお肉を食べに行ってきました!
ここは目の前の鉄板でステーキを焼いてくれるお店で、お値段の割りにボリュームがあって味はもちろん美味しいし、おなかいっぱい楽しめます。お店の雰囲気もアットホームで、私とてっちんは記念日にチョコチョコ利用させて頂いてたし、私は小さい頃に何度かパパに連れて行ってもらったことがあって思い出がいっぱいあるお店なんです。

行くのは久しぶりだったから2人ともすっごく楽しみにしていました。ずっと行きたいね~って言ってたんだけれど、少し前まで私がご飯が食べれなくて元気がなかったからステーキなんざ食べられるわけが無かったし、出かける事さえ無理だったから今回このタイミングで行けるくらい元気を取り戻せて本当に良かった!
てっちんは予約する前から「本当に大丈夫?無理すんなよ。前の日はゆっくりしてろよ。」と心配気味でしたが、当日私は「おいしぃ~!お肉に行く前にもう一回前菜から食べたい!生きてて良かった~!」と大騒ぎでおなかがはち切れる位お肉を堪能しました。てっちんも「やっぱうめぇなぁ~!」と大好物のお肉を噛み締めていました。
贅沢させていただきました(^^♪ありがとう!旦那サマ。

食事の後は1時間くらいイオンに行き(ホント、イオン好きだね私達。だって車椅子で行きやすいんだもん♪)チョチョっとデートがてら買い物をしました。
家に帰ると東京から兄と兄嫁が帰って来てくれていて、結婚1周年のお祝いにカワイイ花束とPCに繋いでテレビ電話のような事ができるウェブカメラを頂きました(*^_^*)またまた新しい機械導入で楽しみが増えちゃった!お兄ちゃん、Nちゃんありがとね!
夕方は駅までお兄ちゃんたちを送りがてらファミレスで4人でお食事をしました。お兄ちゃん達も外に出て楽しく話しながら食事が出来る私を見てしみじみ「良かったなぁ。」と言ってくれました。

そんなわけで今日の結婚1周年記念日は、昼夜共に楽しいひと時を過ごせ、私にとって内容の濃い1日となりました。
最後に、この1年間私をそばでずっと支えてくれた愛する旦那様てっちん、ありがとう。あなたがいてくれなかったら今の私はきっと笑っていなかったと思います。これからの毎日もあなたの良き妻として少しでもあなたを支えて行けたらな、と思います。大好きよ☆
f0068026_2331463.jpg
           【ドルフ】こんなふうに鉄板で焼いてくれます。
f0068026_234772.jpg

                      お肉キターーーー!!
f0068026_2344522.jpg

                 あぁ・・・肉が・・・肉が焼けて行くぅぅぅ!
f0068026_2353655.jpg
こちらはドルフ名物「アイスクリームの鉄板焼き」特注の硬めのアイスを鉄板でソースとからめて行きます。オレンジリキュールでフランベ、ファイヤー!!
f0068026_2373214.jpg

              出来上がり♪温かくて甘くて冷たい!ウマー!
f0068026_238543.jpg

               お肉食べる気マンマンのてっちんと私☆ 
[PR]
by amamasa2006 | 2007-02-03 23:19 | てっちんと私

ちょうど1年・・・

ちょうど1年前に・・・と、まるでTHE虎舞竜の「ロード」(古っ!)のような始まりですが、そうなんです。私の病気が発覚して、ちょうど1年が経ったのです。
正確に言うとガン告知を受けたのは去年の2月1日、2月3日に入籍をして、4日に結婚式をして、6日に入院しました。
今年の1月の終わりには夕飯を食べながら、やけにてっちんが私の頭をなでたり、しみじみ顔を見たりするので「どうしたの?」と聞くと「いやぁ、1年経ったなぁと思って・・・」と言いました。私自身忘れもしない日ですから「去年のこの日に・・・」と思い出してはいたのですが、まさかてっちんがこんな風に切り出してくるとは思わなかったのです。

お箸を置いて少し二人で思い出話をしました。当時は知らなかったてっちんの気持ち、電話の呼び出し声が暗かったから良くない結果だったんだ、と察知した事。私の目に付かない所で泣いた事。抗がん剤治療を見ているのがとても辛かった事。最悪の場合1ヶ月で・・・と言われ、精神を病みかけたことを聞きました。
そして今現在、治らなかったけど入院していた頃とくらべて見違えるほど元気になり、普通のガンとは違うからこそこんなに長く生きてこられた事を心の底から喜んでくれました。

私もそう。過ぎてみれば1年てあっという間だったけど、とてもとても長い1年で、こんなに一生懸命過ごした1年はなかったし、こんなに悲しくて嬉しくて幸せな1年は無かったって言えます。色んなことがあって、諦めきれない事があって、でもこれが私の生きていく道なんだと心に決めた1年でした。
内容は、このブログで書いた通りだし、書かない、書けない事もたくさんありました。
いろんな人に励まされてもなお、私にしか絶対に分からない!と卑屈になったこともあったし、些細なことに勝手に傷ついたりもしました。
どう説明したらこの体や心の辛さ、終わったはずの抗がん剤治療の辛さを分かってもらえるだろう?とやたら説明したり、かと思えばそんなに簡単に分かったって言わないで!とかなんとか相手を困らせてみたり・・・。
てっちんを始め、家族や友人たちにとってもどう接して良いのか分からず迷惑をたくさんかけたと思います。

家族といえば1番苦労をかけたのはママです。
ママももちろん「2月1日」という日付は覚えていて、この1年の節目について話をしました。でもママにとっては多分闘病している私とはまた別の・・・私では分り得ない方向での辛い1年だったと思います。その証拠に「去年の今頃・・・」とか「1月・2月」というキーワードを聞いただけで身震いがするそうです。
ママはいつでも最大限私が過ごしやすいように努力してくれ、私が辛さのあまり吐いた暴言やご飯が食べれないイライラにだいぶケンカをしたけれど(あれはケンカじゃないんだ、とママは言っています)その次の瞬間には何事も無かったかのように私に尽くしてくれました。ワガママを言って困らせているのは自分なのに「どうしてこんなに忍耐強いんだろう?」と尊敬もしました。

私が元気でいる限り、どうしてもママの力を借りて生きなくてはなりません。もうすぐ32歳になるというのに身の回りのほとんどを母親にしてもらわなければいけないのは本当に悲しい。それでもママは「幸せだね」と言ってくれます。ママが私のママで良かったと本当に思います。

それから忘れてはならないのがイトコのJ太郎・Y伯母さん・てっちんのお父さんとお母さん。
去年のちょうど明日、てっちんと結婚したいけどこんな私をもらってくれなんて言えない、でも結婚したい!と泣いていた私の背中をドンと押してくれたのはJ太郎でした。
入院してからも夫のS君と共にほぼ毎日お見舞いに来てくれ、足を切開した時は泊り込みで看病してくれました。
毎日会いに来てくれたのはJ太郎だけではありません。お父さんは毎朝仕事前に顔を見に来てくれ、時には厳しく叱ってもくれました。お母さんも午後になると決まって毎日会いに来てくれて、ママとは違う方向から私の心を癒してくれました。インターフェロンで意識がブッ飛んだ時は夜中に駆けつけてくれたっけね。
Y叔母さんはそれこそ本当に毎日、夕方ママと交代すると消灯まで私に付いていてくれました。痛む体をずーっとさすってくれたね。

J太郎は退院してから今も週に3日は(多い時は毎日)家に来てくれています。
まだ私の精神が安定してなかった頃は私が1人の時間を作らないようにてっちんが帰ってくるまで話し相手になってくれ、誰にも言えない負の感情や嫌な思いをした時の話をじっくり聞いてくれました。よく吐いていた頃は嘔吐物の処理までしてくれた・・・。
毎日そばにいてママやてっちんと同じくらいその時々の私の体調や精神を理解してくれていて、時にはもっと前向きになれるように楽しい事を提案してくれたり、間違った事を言ったときにはお説教もしてくれました。ご飯が食べれなかった時は少しでも食べられるようにと手作りのおかずを作ってきてくれたりもしたよね。
J太郎が体調を崩して10日も会えなかったときは、色んなストレスの逃げ道を失ってしまい、ちょっと精神を病みました。最終的には「早く元気になって会いにきてぇぇ」と泣きながらメールしたっけなぁ。

こんなふうに私は実生活では家族みんなに助けられ、その他にたくさんの友人達からはブログ上や直接応援していただいてこの1年を過ごしてきました。本当に本当にありがとう。
これからどうやってそのみんな(ママやパパやてっちん、Tお姉ちゃん、お兄ちゃん&兄嫁Nちゃん、てっちんのお父さん、お母さん、J太郎&S君、たくさんの友人)に恩返しをしたらいいのだろう?それはやはり、1日でも長く生き続けること。そして笑顔でいる事だと思っています。

今は不思議と「まだ死なないな」という自信があるんです。咳はすっごぉぉぉく辛いけど、ご飯食べれて体が楽だからかなぁ?
2月は結婚記念日があるし!バレンタインには32歳になるし!(^^)!春には桜を見て、また夏を乗り切って、秋にも冬にもまた出会いたい!とうてい来ないと思っていた1年後があったんだから、2年後もきっと・・・。ね、がんばります。
皆さんこれからも私をどうぞ見守ってください。
f0068026_0445278.jpg

一年前の2月3日、婚姻届を出しに行った時の写真です。今見ると、よく笑えたなぁと思います。世界一悲しくって、世界一幸せな瞬間でした。
[PR]
by amamasa2006 | 2007-02-01 00:47 | 感謝のキモチ


カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
リンク
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧