マコの闘病日記


闘病生活をつづった日記
by amamasa2006
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

明けましておめでとうございます。

皆様、新年明けましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願い致しますm(__)m

さてさて、年が明けてもう5日も経ってしまいました。早いものですね。
年末は予定していたJ太郎夫妻がS君が高熱を出すというハプニングで来られなくなり、私とてっちんと兄夫婦でまったりとした年越しとなりました。その後は早々に切り上げ一晩眠り、次の日は家族全員で新年の挨拶をし、ママ手作りのおせちを食べ、その後家族全員で初詣に行きました。
前にも何度か話したように、私の実家はお店をやっているのでなかなか「家族揃って」という状態を作るのは難しいのです。まして私は車椅子で酸素ボンベ着用だし、だからお正月こそは、お正月くらいは、とママが段取りを組んでくれ家族全員でが実現したのです。

行ったのは私達が結婚式を挙げた水戸八幡宮、事前に電話で問い合わせたところ車椅子でも入れるとの事。安心して家からいつもなら5分で着く道のりを車2台でGO!ところがそうだよね、元旦だもんね、八幡宮に入りたい車がすっごい渋滞を作っていて駐車場に入るのに30分以上かかりました。
駐車場に着いたら車椅子の用意。酸素ボンベのつけ方は今のところママしか知らないのでテキパキとママが組み立ててゆきます。出来上がった車椅子に移り、ガラガラと押してもらうと目の前には急な傾斜があります。「どこが車椅子でもはいれるだよ!」と思いつつそこは皆の力で車椅子を持ち上げてクリア。しかしその先はしばらく玉砂利の道が続いてた。。。おいおい(っ`Д´)っ人もいっぱいいて下は玉砂利で、と最悪な状況。車椅子は何人かでちょっと浮かせたような状態を作りゆっくり進め、人ごみの中を「すいませ~ん、通してくださ~い」と叫びながら、尚且つ私の右足に人がぶつかってこないように気を使いながらなんとかお参りの列に並ぶ事ができました。お賽銭を入れこう願いました。「今年も細く長く生きられるよう頑張りますので見守っていてください。」

その後おみくじを引きました。吉でしたがとっても良い事がかいてあったのです。「長い間の苦しみも時が来ると自然と去り、春の花の咲くように少しずつよくなって行く運です。」"病気"のところにも「ながびきますがなおるでしょう。」と書いてありました。治ることの無い病気だって分っていても、おみくじにこう書いてあると神様から「大丈夫だよ」と言われている様で少し元気が出ました。

最後に焚き火にあたってから家族全員の写真を撮ってもらい、お守りとりんごあめを買い、ついでにこれまた近くの私の実家のお墓参りにも寄り今は亡きお爺さんとお婆さんに挨拶をして帰りました。
少し疲れたけれど家族みんなで出かけられたことが本っ当に嬉しかった。また来年も行けるよう1年間がんばらなくちゃ。

二日目はてっちんが実家に帰ってしまってパパもお年始で出かけちゃってママと私しか家にいなかったんだけど、マナブとZとZの妹Aちゃんが遊びにきてくれました。途中からママも参加して昔の話で盛り上がってしまい、皆が帰ってからグッタリと本気で寝てしまいました。

三日目はパパの誕生日。だけど昼間は特にやることなくてっちんとボ~っとしてたらコピ夫妻が子供の涼星君を連れて遊びに来てくれました。やっと立ち始めたばかりらしく、目の前にあるものに何でも興味を示していました。かわいかった~(≧ω≦*)来てくれてありがとう!
夜もパパの誕生日だからっておせちはあるけどケーキはない寂しい夕飯だったけど、一応おめでとうの言葉とささやかなプレゼントを渡しました。喜んでもらえたかなぁ?

そんな感じで三が日は過ぎ、昨日4日の日はその疲れのせいか夕方まで布団から出られませんでした。でも、三日間部屋とお茶の間を行ったり来たりしていたせいか少し足腰が強くなり、ただ寝てるだけの時より体調が良いです。コレをきっかけにもう少し歩いたりして基礎体力をつけたいなと思います。
みなさんはどんなお正月を迎えましたか?今年もなるべくたくさん更新しますので、このブログ共々どうぞよろしくお願い致します。
f0068026_1238529.jpg

                 今年もどうぞよろしく~。
[PR]
by amamasa2006 | 2008-01-05 12:39 | 家族と私
<< 結婚2周年記念日 今年も1年ありがとうございまし... >>


カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
リンク
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧