マコの闘病日記


闘病生活をつづった日記
by amamasa2006
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

オダギ秀さんの写真展に行ってきました。

こんにちは。ブログの更新が滞っていた間、またいろいろな事がありました。
まず右足が、腫瘍ではなく以前細胞を摂取した傷口が突っ張ってしまって、ほんのちょっとの刺激でも激痛が走りトイレに行くのも死に物狂いという状況がしばらく続きました。今はそういった傷口の突っ張り感を和らげるという塗り薬を塗って落ち着いてきました。それにしても本当に痛かった。。。
それからまた体重が落ち、4日前に計ったら41.5kgでした。一生懸命食べようと努力しているのだけれど、数字は正直です。。。これ以上落ちないように、増えるように努力します。

さてさて、8月に体調を崩してからは月に2回の病院も私本人は行かず、家族が薬だけ取りに行くというようなスタイルを未だにとっているし、友達にも誰一人会わず、部屋に一人きりで過ごす引きこもり状態が続いておりました。9月に入ってからはてっちんが休みの日だけ、リハビリも兼ねてお昼を外に食べに連れて行ってもらったりはしていました。それでも2.3時間車椅子に乗っているだけでお尻は痩せてゴリゴリしているので痛くなり体はヘトヘト、帰りの車の中は完全にスイッチオフ状態です。帰ったら着替えもそぞろに真っ直ぐに布団に入り横になって10~11時まで寝ます。寝ないと体力が回復しないし次のことができない。出かけるのも最初は楽しいけど後が大変なんです。

そんななか、このブログでもいつもお世話になっている写真家のオダギ秀さんがつくばで合同写真展を開くと言うので行ってまいりました。
秀さんの作品はポートレート中心で、そのモデルの一人になんとてっちんの働く姿が起用されています。ちょうど初日にてっちんがお休みだったので、最初はてっちん1人で行ってくる、と言っていたのですが、私だっててっちんのモデル姿すごく見たいじゃないですか、秀さんにも会いたいじゃないですか、つくばはちょっと遠いからどうかなって心配したんだけど是非に、ってお願いして連れて行ってもらいました。

会場のつくば美術館に着くと秀さんが駐車場の前で待っていてくれました。そして中に入ると13人の出展者たちの作品が飾られています。秀さんの案内で秀さんの作品の前に行くと。。。あぁー!てっちんの写真が~!タイトルは「てっちん」コメントに「最近サーフィンやれてないっすよ」と書かれており、仕事中のてっちんのポートレートが9枚飾られ、中に1枚だけ去年秀さんに撮ってもらった私とてっちんの写真が混ざっていました。わぁ~!知らなかった私はとっても興奮してしまいました。
てっちんの写真はどれもとってもてっちんらしくて嫁の私が言うのもなんだけど、とってもステキでした。てっちんこんな風に仕事してるんだ~。会場では来ていたお客さんに「あれ?モデルの方ですよね?」なーんてたくさん声をかけてもらったりして。てっちん良かったね、こんなにステキに撮ってもらえて。
※その時の写真が秀さんのブログNEXT HORIZON・Shu Land Annexに載っています。見て下さい。

秀さんの他の作品や他の出展者の作品も一通り見せてもらって帰ることにしました。帰りがけに秀さんが入り口の売店で「万華鏡スキかな?」ととっても綺麗な万華鏡とご自分の写真のポストカードを何枚かプレゼントしてくださいました。ありがとうございます!大切にしますね♪
f0068026_18255884.jpg

秀さんに頂いた万華鏡とポストカード。とっても綺麗~*☆*:;;;:*☆*:;;;:

帰りは案の定疲れてグッタリだったけど、見に行けて本当に良かった。秀さんステキな写真をどうもありがとうございました。とても楽しかったです。
写真展は30日までやっています。入場は無料ですのでお近くにいける方は是非立ち寄ってみてください(*゚∀゚*)
●茨城写真家協会展2007 現代茨城の写真家たち
  2007年9月26日(水)~9月30日(日)
  茨城県つくば美術館(つくば市)
オダギ秀「遥かな時代」、モノクロームの作品26点。
くわしくは、公式サイトをご覧ください。
http://www.artzone.co.jp/IPA/tukuba2007.html
[PR]
by amamasa2006 | 2007-09-28 18:35 | てっちんと私
<< 酸素ボンベ導入にあたって。 泣きたい時は黙って泣かせて。 >>


カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
リンク
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧