マコの闘病日記


闘病生活をつづった日記
by amamasa2006
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

五年目を迎えて

f0068026_20452518.jpg
f0068026_20455771.jpgf0068026_20472394.jpg
五回目の命日を今年の六月十一日で迎えてしまいました。月日の流れる事の速さに痛感しております。
五年ごとに 神道では祭祀を執り行うのが 仏式で言う 三回忌 七回忌等にあたります。と 言うわけで今月の九日の日曜日に ごくごく親しい従兄弟や叔父叔母 そしてし市内在住の友人に集まっていただき 墓所のある常盤共有墓地にて 五年祭を水戸八幡宮より神官を招き執り行いました。
もっともっと多くの方に声を掛けるべきかとは思いましたが 慎ましくと思い遠方の方へは知らせずに行いましたが それでも遠くはイギリスから わざわざ自宅まで来て頂いたオヤケ 東京で一緒に仕事をしていたという山田さん 渡辺さん 仕事で出席できないからと 大きなお花を届けてくれたカヨ。
思い描いていたより 沢山の方にお参りして頂き 感謝の一言につきる思いでおります。

昭和五拾年二月十四日バレンタインディに生まれ 平成二十年六月十一日逝去
三十三歳(享年三十四歳)でした。

今振り返り どのように共に過ごしてきたのか 思い起こすのですが 高校の高学年になると あまり共にすごす事も無くなり 卒業とともに上京したので マコの祖父が病で入院したので 介護のために帰水するまでの数年間のことは ほとんど知らないまま。 思い出して 思い出されるのは 中学に入るまでの幼少期のことばかり。それ以外は病を知って闘病生活に成ってからの事ばかりです。 女性として輝いていただろう
そんな時代のことは 何にも解らずにいる事が何んとなく寂しく思うこの頃です。時折東京でともにすごした山田さんが尋ねてきてくれるとき 少しですが 知ることが出来るぐらい。もうこのブログを開いて下さる方も少なくなりましたが 東京での生活を知る方がブログを開いて下さったら 是非その時代のマコのことを書いて(公開)欲しい思いでおります。

五年の月日がたつと 多分自分のことだったら ほとんどお参りに来てくれる人は居ないと思いますが
マコのお墓には 私たち以外の方が お花やお線香を 黙って捧げて下さる方が 沢山おります。
ありがとうの一言に尽きます。
一言の言葉を書いておいて言ってくださる方。
叉ブログを読んでお参りに来ました。と言う方。
お逢いしてお礼が言いたくても 出来ずにおります。

そんな訳で今日 マコの墓前に 来奉者に書いて戴こうと 記帳帳を置いてきました。
是非お越しに成りましたら 一言の言葉を書き置いていって下さればと思っております。

五年目を迎えて 改めて
多くの友人 そして コメントを寄せてくださった沢山の方に 改めて感謝しております。

f0068026_21565278.jpg

[PR]
by amamasa2006 | 2013-06-13 21:57
マコが一番輝いていた日 >>


カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
リンク
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧