マコの闘病日記


闘病生活をつづった日記
by amamasa2006
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

早いものです! あれから四年と三か月

f0068026_356049.jpg
f0068026_3565174.jpgf0068026_3581611.jpgf0068026_3584771.jpgf0068026_359824.jpgf0068026_3594597.jpgf0068026_40358.jpg

今年の六月十一日  四回目の雅子の命日を迎えてしまいました。
その日にブログを更新したかったのですが  今頃になってマコが居ない 何か物足りなさを感じ
更新のためのPCに手が出ませんでした。 四年たった今でもこのブログにアクセスして下さる方が沢山居てくれるし 四年たった今でも祥月命日には 欠かさず墓前に花を手向け マコの部屋に集って下さる方が居ることに感謝しながらも なかなかにブログの更新に手が出ませんでした。申し訳なく思っております。

さて この六月十一日には  何時ものようにマコの墓前に集って下さる方 遠方はイギリスより生花を届けてくれるマコの親友。 そして東京でお世話になった方からもお花を届けて頂き アップした画像の通り にぎやかな祭壇となりました。本当に感謝 感謝の一言に尽きます。
以前にもお話ししたように これが自分の場合だったら 花一輪も無い そんな祭壇だろう と。

お墓によって下さったhiroさん そして名前を告げずにお花を手向けて頂いた方。
今度は是非マコの祭壇にも手を合わせてに立ち寄って下さいね!
本当に感謝いたしております。

四年の月日はアッと言う間に過ぎてしまいました。 今頃になって時々マコの子供のころの夢を見ます。
そして マコの居ない事に何か空白を感じさせられ やっぱり居なくなったんだなー!って
さみしさを感じています。マコが旅立つ丁度三か月前に 長男に女の子が授かり その子が四歳。逢うたびにあの頃のマコを思い出し  あの時は海に 田んぼにと やたら連れまわったことを思い出して 長男の子(孫)が異常に可愛く感じています。 今年の夏祭りに来たときには お祭りの金魚すくいに連れて行って欲しいと言うので もっと楽しませてあげようと 金魚屋さんに連れて行き 小さい金魚50匹と金魚すくいの紙の網100枚を一緒に買ってきて  最初は一匹もすくえずにいたのですが東京に帰るときには 一枚で三匹も四匹もすくえるようになったと喜んでいる孫を見て 自分が一番喜んでいた姿を 昔に振り返ってマコを思い出しております。  
なんだか自分の話になってしまいました。申し訳ない。でも今となっては自分から見た思い出のマコだけしか書けませんので………………………。
お盆の時祭壇を作り直していたら まだ小学生だった時のマコの写真が(他にも沢山ありますが)出てきたのでしばし手を休めて 写真と時を少しておりました。
これからはマコにしてあげられなかった沢山の何かを 孫に注いでいきたいと思っております。

とりとめのない話になりました。 沢山のマコの友人 そして このブログを読んでくださっている方々に
感謝と 多くの幸が訪れることを願いつつ 四年目の更新をさせて頂きました。感謝。 
[PR]
by amamasa2006 | 2012-08-25 04:47
<< マコが一番輝いていた日 あれから三年 >>


カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
リンク
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧